Hotel Le Clos d'Amboise | Vallee de la Loire | JA - Hotel
  • レセプション24時間オープン
  • エレベータ
  • エアコン
  • 無料Wifi
  • ビジネスコーナー
  • コンシェルジュ
  • シーズン中利用できる水温管理されたプール
    • サウナ
  • 2つのセミナールーム
  • 専用パーキング
  • タクシー、シャトルバス
  • 身体障害者の歓迎(レセプション)の敏感にされた handicaped
  • な個人的なアクセスを持っている部屋(議院)


王子から王へ・・・

ルイ2世、コンデ公、ルイ14世の従兄弟、ル・クロ・ダンボワーズ、フランソワ1世の町、ロワール川のほとり。
 
2つの家はよく似ています。17世紀に建てられた2つの邸宅、見え掛り梁、明るい寝室、親密で家族的なサロン。同じエスプリが両方にあふれており、同じサービスともてなしの哲学に基づいています。

会員カードをお持ちになると、特別なお客様の仲間入りです。インターネットからプロモーション情報をお届けいたします。

ご利用の際はいつでも、最大限の配慮をいたします。とくにお誕生日にご利用の際は、お好みの飲み物を進呈いたします。 

ご滞在中のレジャー計画を立てるお手伝いもいたします。

系列ホテルに10泊していただきますと、次の11泊目をお好きなホテルでお過ごしいただけます。

Hotel Le Clos d'Amboise - Loire Valley - 27 rue Rabelais - 37400 AMBOISE - Tel. 33 (0)2 47 30 10 20 - infos@leclosamboise.com

アンボワーズ城のすぐそばにある17世紀に建てられた領主の館が2003年に魅力的な3ツ星ホテルに生まれ変わり、2011年には全面改装されました。

邸宅の歴史を感じさせるもの、つまりこの館の魅力的な部分はすべて当時のまま残っています。レセプションの床やカボションカットのタイル、各階をつなぐ階段、2つのサロンにはナラ材の18世紀のヴェルサイユ式の見事な床板が敷き詰められています。木材の造作、マリオンのある窓。暖炉もすべて残っており、中には黄金色の枠の素晴らしい鏡がついているものもあります。

修復された屋根組みには、見え掛り梁のある長い通路が客室に通じており、客室からは屋根の骨組みが見えるのです。

2011年、オーナーたちがエレベータを設置しました。本館の各階とサウナのある地下が結ばれています。

客室に改装されたかつての厩舎にも見え掛り梁が残されています。

 

Hotel Le Clos d'Amboise
27 rue Rabelais - 37400 AMBOISE
Tel. 33 (0)2 47 30 10 20
Fax. 33 (0)2 47 57 33 43
infos@leclosamboise.com